中国のシリコン多結晶産業は業界性赤字に陥いる

3月初めに主題の件に関して毎日経済新聞から下記のように報道しました。

中国のシリコン多結晶産業は業界性赤字に陥ります。

ただ1年もなってない期間内にシリコン多結晶価格がUS$500/KG近いからUS$50/KG に下がりました、それから更に半年余り時間経過して多結晶市場が相変わらず回復しませんでした。四川省ある有名なシリコン多結晶メーカーの副社長から毎日経済新聞の記者に対して”旧正月連休に入る前、多結晶価格が既にUS$50/KG 切れました、現在業界全般赤字の状態となる、四川省多結晶メーカーの生産規模と技術から見ると、多数メーカーの生産コストがUS$50/KG より高い、どうしようもない、我慢する同時にコストダウン図るしかありません”というふうに紹介しました。
中国のシリコン多結晶プロジェクト状況について昨年上半期までに稼動中の工場と建設中の工場及び計画中の工場は合計50箇所あり、合計投資金額規模が1300億人民元超える、全数稼動したら年間生産能力23万d超える、但し現在中国の年間需要量が3万トンだけですとの事。
昨年9月下旬に中国政府はシリコン多結晶を生産能力過剰・重複建設の産業と高いエネルギー消耗・高汚染の製品と認定したとのこと。